中古マンションの購入後の必要経費は?

質問

今まで一軒家に住んでいましたが、結婚するとともにマンションに住もうと思っています。
新築は無理ですが、中古マンションなら購入可能です。
一戸建て住宅と集合住宅購入の違いを教えてください。

答え

一戸建てと集合住宅について、物件を選ぶ際の条件についてはほとんど変わりません。
しかし、購入後の費用が集合住宅の場合、必ずついてまわるものがあります。
それは、マンションの購入と同時に自動的に加入することになる管理組合に支払う管理費と、10年から15年に一度行われる大規模な修繕にかかる費用の積み立て金です。

管理組合への加入

どんな分譲マンションでも、かならず管理組合があります。
管理組合というのは、マンションの住民の意見を取りまとめたり、マンションの管理費の積み立ての管理や修繕などをします。
一戸建てで言うところの、町内会と似ているところもありますね。
マンションの管理組合は、住民が直接管理している自主管理と、管理会社に委託してる管理組合があります。
やはり、管理費は管理会社に委託している場合のほうが高くなっていますが大抵の管理組合が管理会社に委託していますので、どのくらい管理費がかかるのか分かるといいですね。
しかし、自主管理の管理組合のマンションに住んだ場合、必ずその管理組合の仕事に携る時があり、大変な手間と時間を費やすこともありえます。
ですから、特に長く住まわれる予定の場合、必ずそういったことも購入前に確認しておきましょう。
また、自家用車をお持ちの場合、別途駐車場代も必要となることを忘れてはいけませんね。

修繕積み立て金

マンションにおいては、耐久年数を維持するためにも定期的な共有部分の修繕が欠かせません。
実は10年から15年の間に一度の大規模な修繕が必要なのです。
そして、その費用を住民みんなで修繕積立金をし、賄うわけです。
また、予想外に高額の修繕になることもあり、その場合は不足分も支払うことになります。
その金額が、数十万円にのぼることもあり、準備が間に合わない場合もあるかもしれませんね。
そんなトラブルに巻き込まれないように、前もって不動産屋に問い合わせることをおすすめします。
住宅ローンのほかにこのような費用もかかることを考慮して、選んでいってくださいね。

フィード