魅力再発見の中古住宅とは?

質問

40代のサラリーマンです。そろそろ子供も大きくなりマンションも手狭になってきました。
住宅の購入を考え始めていますが、最近は新築よりも中古物件のほうが人気ですが、どんなところに人気の秘密があるのでしょうか?

答え

いわゆる中古物件とは、建売や注文住宅を購入し登記簿に登記されている住宅と言うことがいえます。
ですから、一度人手に渡っている中古物件にはそれぞれの個性が出てくるわけです。
まずは、この不況の中一番の魅力と言えば、新築住宅に比べて、全体的に手ごろ感のある値段です。
だたし、その値段にも物件ごとの、それなりの理由があることも忘れないでいただきたいですね。
そして、お子さんが将来、通うことになる学区。

住環境の選択の幅が広がる

いまどきのお母さん方はどの学区がどんな特徴があるのか、ご存知の方も多く、よりご自分たちの考えに合った学区を選ばれるご家族が多くいらっしゃいます。
ですから人気がある学区では、なかなか土地自体が新しく売りに出ることがほとんどなく、新築で家を購入することは難しくなっております。
その点、中古物件のほうが見つけやすいのです。
また、中古の場合だと物件によっては、まだ売主が住んでいらっしゃることがあり、直接お話を聞くこともできます。
ご近所のことやテレビの受信状況など、新築物件では確認することが出来ないお話を積極的にお聞きになることをおすすめします。

フィード