不動産広告の見方は?

質問

30代主婦です。
最近、主人がそろそろ家でも買うか?
などといいだしています。
朝刊の折込チラシを見ていると、よく新築や中古物件の広告が入っていますが、上手な見方を教えてください。

答え

不動産広告は、読み手に誤解を与えないために、表示に関する一定のルールが決められているのです。
それを踏まえたうえで、不動産広告を見ることである程度正確に、物件に関する情報を得ることが出来ます。
そして最終的には、現地に足を運び実際に物件を見て判断をし、購入を決められることをおすすめします。

不動産広告の禁止用語

以下にあげるような言葉を載せている誇大広告には注意しましょう。
掘り出し、格安、超安値のような、価格が他のものよりもとても安いと言う意味の言葉。
厳選、特選などの、ある一定の基準で選別され他の物件との違いをより強調する意味の言葉。
至便、超、抜群、日本一、当社のみでなど、他社や他の物件と比較して優れていることを強調する言葉。
最高級、最高など最もよいと言う意味で使われている言葉。
完売など、とても人気があり早く買わないとなくなってしまうなど、購入をあおる言葉。
完売御礼、即日完売などという言葉を使う場合、事実である証明をする資料を表示する必要もあります。
絶対、絶景、完璧などまったく欠点がないという意味の言葉。
将来値上がり確実など、誤解を招く表現。

必ず表示する事項

チラシの責任者の所在を明らかにするために、広告主の名称と連絡先の表示。
広告に載せた不動産物件の取引形態。
広告主の宅建業法による免許番号。
物件の所在地、面積、価格、用途。
所在地は、登記簿上と住居表示、を両方載せていることが多い。
面積については、敷地内に私道負担があるときには、そのことも別に表示をします。
価格については、ガスや水道に対する負担金や管理費や維持費が別途必要な場合は、その表示をします。

不動産広告の注意点

物件を選ぶ際に基準になるのは、交通の利便性、最寄のバス停や電車から主要駅までの所要時間、土地の用途などですね。
よく大きく書かれるのは、○○駅まで徒歩!!分と言う文字。
これは、途中の信号待ちや道の状況を考慮に入れていません。
一分歩くと80メートル歩けると言う前提だけで、物件から駅までの距離だけで単純計算されて算出された数字です。
また所要時間は時刻表からの時間が書かれていますが、乗り換えに要する時間、本数などは表示されないことが多いので、調べておいたほうが良いですね。
物件の立っている土地の用途についてはあまり気になさらない方が多いかもしれませんが、これも重要です。
というのも各用途地域によって、建物の種類・建ぺい率や容積率が異なってきて購入後の改築などで、規制にかかる場合が出てくるからです。
また、本当は売る予定はないがよく売れると予想される物件を広告にのせ、実際に問い合わせてみるとその物件より条件が劣る物件を勧める業者。
再建築不可などの条件を表示しないで安い物件であると誤解を受ける広告などがあります。
イメージイラスト、写真に惑わされず、まずは広告に記載してある情報を一つ一つ丁寧に確認し、不明な点は実際に業者に問い合わせてみるのも賢い買い物への近道ですね。

フィード